記事の詳細

これまでのシリーズはこちら

初心者が学ぶ子ども向け教育プログラミング言語Scratch(スクラッチ)の使い方 その1【Scratchをはじめよう】
なーんだかうちの社員みんなプログラミングだのITだの難しいこと言ってますけども、やってくれている人おらんでないですか。初心者はですねぇ、本を紹介されたって日本...
初心者が学ぶ子ども向け教育プログラミング言語Scratch(スクラッチ)の使い方 その2【自分の名前を動かそう!】
Scratchはオフラインでも使えます。オンラインの場合https://scratch.mit.edu/上記を押してサイトに行き「作る」を押すと始まるオフラインの場合「Scratch2.0」というエ...

ScratchのStep by Stepを4つまでやって

ScratchのStep by Stepは2017年6月9日現在で13項目あります。一つ一つの項目に反復作業と新規学習項目が含まれており、段階を追って学べる仕様にはなっていますが、やはり4項目を終えてみるとちょっと復習の時間がほしいな、と思う初心者。
特に、できることとできないことの把握の幅が、4項目の「Make It Fly」で一気に広がった印象があります。基礎的な動きがどういったものなのか、というのは把握できても、これができたかもしれない、という発想にのちのち行きつくのがちょっと難しいのですね

たぶん一つのStep by Stepの項目を1つ終えたら、自己流で何かしらの似たようなScratchを組むのがよいのではないでしょうか。やっぱりお勉強と一緒で反復作業大事ですね。

Scratchの日本語化が進んでいます

ところでScratch、日本語対応がじゃんじゃん進んでいますね!

ミュージックを作ろう!

Choose musical instruments, add sounds, and press keys to play music.
楽器を選択し、音を追加し、キーを押して音楽を再生しよう!

ゲームにはグラフィック、サウンド、ストーリーの三本柱があるのですが、プログラムをエンターテインメントで覚えるにこのあたりをおさえておくと大変やりやすいということなのでしょうかね。音楽にはとんと縁のないデザイナーですがもそもそやっていきましょう。

ドラムを選ぶ

Click this icon to choose a new sprite:
Click the ‘Music’ theme and choose a drum.
In Scratch, characters and objects are called ‘sprites’.
Tip: If you don’t want the cat in your project, you can delete it using the scissors tool.
Click on the scissors, then click on the cat.

新しいスプライトを選択するには、このアイコンをクリックしてね!
「音楽」テーマをクリックし、ドラムを選択します。
(スクラッチでは、文字とオブジェクトは「スプライト」と呼ばれます)
ヒント:あなたのプロジェクトで猫を望んでいない場合は、はさみツールを使用して猫を削除することができます。
はさみをクリックし、猫をクリックしてください。

以前にやったことがあるスプライト挿入の基本ですね。

【Scratch】スプライトの挿入【Scratch】スプライトの挿入2

ナビの通りにスプライトを選びましたがこれはドラムか???

【Scratch】ねこを消す

ねこちゃんは消しちゃいましょう。

ドラムを鳴らす

Build a script to play a drum sound:
Press the space key to try it.
Click the Sounds tab to preview the sounds.

ドラムサウンドを再生するためのスクリプトを作成するよ!
Spaceキーを押して試してみてね。
[サウンド]タブをクリックしてサウンドをプレビューします。

お子さんはプレビューって言ってわかるものでしょうかね。試しに見てみようね! くらいなんですけど。

【Scratch】ドラムを鳴らす1 【Scratch】ドラムを鳴らす2 【Scratch】ドラムを鳴らす3

サウンドタブ(日本語では「音」のタブ)をクリックすると、黒い波の三角形みたいなものが横にならんで見えます。これはドラッグすることで選択できて(紫っぽい青に選択範囲に色が付きます)効果から編集が可能のようです。が、めったなことがない限りはやらないほうがよさげですね、特に私はこう、音楽というものには縁がないので……。

high low muted tap などいろいろコンガにも音の種類がありますね。

リズムをつける

Add more sounds to make a pattern. Use wait blocks to pause between sounds.
You can add more sounds and play with the timing to customize your rhythm.
Your script will look something like this:
Press the space key to try it.

さらに音を加えてパターンを作ろう! 待機ブロックを使って、サウンド間で一時停止をするよ。
あなたのリズムで変えるために、たくさんのサウンドを追加できて、タイミングを合わせて演奏することができるよ。
あなたのスクリプトは次のような感じになるよ。
Spaceキーを押して試してみてね!

【Scratch】リズムを付ける

りずみかる。
待機ブロック、というあたらしい単語が出てきましたね。秒数はコンマ以下も存分に使えるようです。

繰り返そう

Use a repeat block to make it play more than once.
Your script will look something like this:

リピートブロックを使って複数回再生させるよ!
あなたのスクリプトは次のようになります:

やっていて初めて気づいたのですが、ブロックの左上が半円っぽくまるくなっているブロック(主にイベントブロック)は、下の改装にしかリピートもブロックもつけられないんですね……まあそうか……当たり前か……。

【Scratch】繰り返す

●ドラムのアニメーション

You can animate your instrument by adding a next costume block.
Click the Costumes tab to see the sprite’s costumes.

「次のコスチューム」ブロックを追加して、楽器をアニメにすることができるよ!
コスチュームタブをクリックするとスプライトの衣装を見ることができます。

ビジュアルもリズミカル。
コスチュームのタブをクリックしてスプライトを見てンると、bのイメージにエフェクトがついていますね。たぶんここを増やすと、ネクストコスチュームなんで、あるだけのコスチュームをめぐっていくのでしょう。

【Scratch】ドラムのアニメーション2

楽器を奏でる

Click this icon to choose a new sprite:
Click the ‘Music’ category to choose an instrument (such as Saxophone or Trumpet).
Build a script to play a sound when you press a key:
Choose ‘up arrow’ or another key:

新しいスプライトを選択するには、このアイコンをクリックします。
「音楽」カテゴリをクリックして、楽器(サックスやトランペットなど)を選択します。
キーを押したときにサウンドを再生するスクリプトを作成するよ:
「上矢印」または別のキーを選択します。

【Scratch】楽器を奏でる 【Scratch】楽器を奏でる

外国では「カウベル」が普通にあるようですね。
でもエレクトーンの手の抜き方はちょっとやばいんじゃないの……。

メロディをつける

サウンドを追加しメロディを追加します。

Use wait blocks to pause between sounds.
You can add more sounds and play with the timing to customize your melody.

待機ブロックを使って、サウンドとサウンドの間で一時停止します。
あなたのメロディーをつくるために、より多くの音を加えて、そのタイミングで演奏することができます。

突然の日本語……。

【Scratch】メロディをつける

カスタマイズ、って結構いろんなところで頻繁に使われていますが、日本語にしてみるととても難しい単語になっています。

辞書で引くと「注文通りに作る」という意味なので、スターバックスのカスタマイズ、とか、自作パソコン、とかに使われるのは確かにカスタマイズなのでしょうが、ここでいうカスタマイズとは「あなたの注文通りにブロックを組み立てればあなたの思う通りに演奏できるよ」の意味になります。
クリエイトとカスタマイズはよく似ているのですが、フルオーダーメイドがクリエイトでレディメイドがカスタマイズですかね。難しいですね。詳しいとこは教えてTさん!

和音をつける

Play more than one sound at a time to make a chord, like this:
Use the dropdown menu to choose ‘down arrow’ or another key.
You can also add other chords, like this:

一度に複数のサウンドを演奏して、和音を作りましょう。
ドロップダウンメニューを使って、「下矢印」または別のキーを選択します。
次のように他のコードを追加することもできます:

ブロックを多数作って同時にキーを押すことで、ピアノのように和音になるメロディーが作れる、ということですね。

【Scratch】和音を付ける

指定された以外にもいろいろ音は追加できるので、どの音なのかわかる人はこれだけで簡易なメロディーが作れてしまいそうですね。

ランダムノートの演奏

Click this icon to choose another musical instrument sprite, such as Piano or Guitar.
Build a script like this:
To make it change color each time, add a change color block to your script like this:
Tip: Click the Sounds tab to see how many sounds are in your sprite. Type that number into the pick random block.

このアイコンをクリックすると、ピアノやギターなどの別の楽器スプライトを選択できます。
次のようなスクリプトを作成します。
毎回色を変更するには、次のように「変更カラーブロック」をスクリプトに追加します。
ヒント:[サウンド]タブをクリックして、スプライトに含まれるサウンドの数を確認します。「ピックランダムブロック」にその番号を入力します。

【Scratch】ランダムノートの演奏1 【Scratch】ランダムノートの演奏2 【Scratch】ランダムノートの演奏3 【Scratch】ランダムノートの演奏4

変更カラーブロックを利用してもギターの色はあんまりかわらないですね!!!

【Scratch】ランダムノートの演奏3

ボーカルを追加

Add any sprite you want!
Click the Sounds tab, then click :
Click the Vocals theme, then choose beatbox sounds.
Make a sequence, for example:
Or, add a script that plays a random sound:

必要なスプライトを追加してください!
[サウンド]タブをクリックし、次にこのアイコンをクリックします。
Vocalsテーマをクリックし、ビートボックスサウンドを選択します。
シーケンスを作成します。例:
または、ランダムなサウンドを再生するスクリプトを追加します。

【Scratch】ボーカルを追加1 【Scratch】ボーカルを追加2 【Scratch】ボーカルを追加3

音感なんてなかった。
乱数数値はコスチュームタブやサウンドタブに含まれる要素個数が原則のようです。コスチュームやサウンドは増やせるので、実質乱数も自分で決めている、ということですね。

サウンドの録音

If you have a microphone, you can record your own sounds.
Click the to choose a new sprite:
Click the microphone icon to record your own short sounds. Make a sound like ‘meep’, ‘bop’, or ‘zap.’
Trim the sound so it’s just one short syllable. To trim, highlight the part to delete, then press the ‘delete’ key.
Click the icon again to record another sound.
You can also record sounds using objects around you, such as by tapping a table or dropping a coin.

マイクを持っている場合は、自分で出す音を録音できます。
このアイコンをクリックして新しいスプライトを選択します:
自分の短い音を録音するには、マイクアイコンをクリックします。 ‘meep’、 ‘bop’、 ‘zap’のようなサウンドを作りましょう。
ちょうど1つの短い音節になるように音をトリムします。 削除するには、削除する部分をハイライト表示してから、「削除」キーを押します。
アイコンをもう一度クリックすると、別のサウンドが録音されます。

また、テーブルをタップするか、コインを落とすなど、周囲のオブジェクトを使用してサウンドを録音することもできます。

録音機能はついていませんのでこちらはちょっと試せないですね。

【Scratch】サウンドの録音1 【Scratch】サウンドの録音2 【Scratch】サウンドの録音3 【Scratch】サウンドの録音4

後の使い方はおおよそ一緒。そんなに長い音でなければあいさつ、ハッピーバースデーなどといった言葉も録音できそうですね。

演奏を続けよう

ADD MORE SPRITES

You can add and animate more instruments, singers, dancers, or other sprites.
背景の追加
Click the icon to open the Backdrop library:
PLAY NOTES
Another way to make music is to use the play note block.

Try a script like this:

You can choose the instrument and notes you want. You can also change the timing.

ADD A MUSIC LOOP
Choose ‘speaker’ or another sprite:

Choose a drum loop from the Sound library:
Loop your sound by adding a script like this:
HAVE A MAKEY MAKEY?
Connect your project to a Makey Makey. You can create musical instruments out of coins, clay, cardboard, and more! To find out more, see Makey Makey and Scratch.

【もっとたくさんのスプライトを加える】
もっとたくさんの楽器、歌手、ダンサー、その他のスプライトを追加してアニメをつくりことができます。
【背景の追加】
アイコンをクリックして背景ライブラリを開きます:
【プレイノート】
音楽を作るもう1つの方法は、プレイノートブロックを使用することです。
次のようなスクリプトを試してみてください:
必要な楽器と音符を選択できます。 タイミングを変更することもできます。
【音楽を追加する】
‘スピーカー’または別のスプライトを選択してください:
サウンドライブラリからドラムループを選択します:
次のようなスクリプトを追加してサウンドをループさせます:

【メイクすることができますか?】
プロジェクトをMakey Makeyに接続します。 コイン、粘土、厚紙などの楽器を作ることができます! 詳細については、Makey MakeyとScratchを参照してください。

ながい!

早い話がいろいろカスタマイズできるよーってことですね。背景をさくっと入れてみましょう。

【Scratch】背景の追加

さらにスピーカーを追加してさくっと音を適応してみましょう。そのままループするブロックを組みます。

【Scratch】スピーカーの追加【Scratch】スピーカーの追加

ここにある Makey Makey とは、ミノムシクリップでつなぐだけでいろんなものをパソコンのキーボードのキーにできるサイエンスキットです。
簡単にできそうなのでどこかの教室とかでやってないかな~~~(ちらっ ちらっ →)

できあがりがこちら!

音感なんてなかった。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る