記事の詳細

メニュー表を作るときに、金額を右側(後ろ側)で揃えたいことが良くあります。
次のような場合です。

右側で文字を揃えたい

今回は、このような場合に便利な「右揃えタブ」をご紹介します。

ステップ1 ルーラーと編集記号の表示

ルーラーの表示

ルーラーとは、下図のようなメモリのことです。タブの設定をするにはこちらを表示しておくと便利です。

ルーラー

[表示]タブをクリックし、[ルーラー]のチェックをONにします。

表示→ルーラー

編集記号の表示

編集記号を表示すると、全角スペースが入力されている場所には□が表示されるなど、一目で「ここはスペースが入っているな」などと認識しやすくなります。なお、編集記号は印刷されませんのでご安心ください。

[ホーム]タブをクリックします。

[編集記号の表示/非表示]をクリックします。

編集記号の表示/非表示

ステップ2 タブを利用した入力

右揃えタブを使用して文字を揃えるには、文字と文字の間に入れる空白はタブキーで入力します。

タブキー

次のように文字を入力しましょう。

入力例

ステップ3 右揃えタブを設定

右揃えタブを設定して文字を揃えます。

ルーラーの左端にある下図のボタンをクリックします。

左揃えタブ

クリックするたびに、ボタンのマークが変化します。

タブの変化

右揃えタブになるよう、何度か同ボタンをクリックします。

右揃えタブに変更

以下の3行をドラッグして範囲選択をします。

範囲選択

ルーラーの下図の位置あたりをクリックします。ルーラーをクリック

クリックした位置に右揃えタブのマーカーが表示され、文字が揃います。

文字が揃った状態

いかがでしたか?
タブキーを使って文字を揃えると効率よくキレイに仕上がります。

空白というとスペースキーが思いつきますが、タブキーも使えるとより効率良く美しい仕上がりの文書ができますね。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
インクループ株式会社

インクループ株式会社

インクループ株式会社は、データ分析、市場調査に基づく企画立案、コンテンツ制作、運用を通じてお客様の目標を実現する会社です。WEBサイトをもっと活用したい、ECサイトの売上をもっと増やしたいなどのお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る